デートコースご紹介~その6~大台ケ原のペルセウス座流星群

こんにちは。

今回は先週の金曜に来ていたペルセウス座流星群を見に行った時の話です。

もう終わった出来事を書かれても参考にならない?

そんなことはありません。

三大流星群という言葉があって、しぶんぎ座(1月)・ペルセウス座(8月)・ふたご座(12月)の3つで毎年同じ時期に観測できるので、今回の記事はペルセウス座観測の紹介というより、流星群観測の場所レビューとして参考にして頂ければ幸いです。

demo

その日は21時に極大、24時にピークになるとのことだったので、20時ごろに到着することを目標に15時ごろから大阪を出発し、ゆるゆると奈良の大台ケ原を目指しました。

途中で晩ごはんを食べたかったのですが、ネットで調べても良さそうな飲食店が天川村方面や尾鷲方面ばかりでルート上になく、結構不安なほどの田舎道で困っていたところ、偶然通りがかったseasonというお店に入ることにしました。

不安な道でしたが入ってみると、とてもきれいなロッジのようなつくりで、落ち着いた雰囲気と、家庭的な焼肉定食とかが出てくるアットホームなお店でした。メニューも多く、僕が焼肉定食、彼女がヒレカツ定食頼んでどちらもおいしかったです。

大台ケ原近辺でごはん探す場合、食べログやグルナビでなく川上村観光協会HPの方が情報ちゃんと書いてあるのでおすすめです。

おいしいごはんを食べ、再び大台ケ原目指して出発です。

大台ケ原ドライブウェイは無料で入ることができ、終点に大台ケ原駐車場がある約20kmのドライブウェイです。

これ入り口です。

oodaigaharadriveway

霧の発生、離合困難な場所、急カーブが多く、開けた視界の場所はほとんどありません。道路の両側から木が茂ってきているちょっと不気味ともいえる道路で、注意して走る必要があります。

僕が行った時も霧がかなり出ていて、ハイビームより足元を照らして下を見ながら走るような感じでしんどかったです。その時は動物を1匹もみませんでしたが、大台ケ原にはこんな張り紙もあるみたいです。

doubutu

ツキノワグマいるのか!?Σ(・□・;)

ん、アナグマ??ってこわいのかそうでもないやつかどっちやろΣ(・□・;)

関係ないけどアナグマの紹介

50cm前後のタヌキに似てる動物で、穴をほってミミズとかを食べます。ペットとして飼うような動物ではありません。

面白い習性が二つあります。

○擬死

死んだふりをすることで外敵から身を守る修正で、たぬき寝入りの語源とも言われている。たぬきは驚くと気絶してしまい薄目をあけてたぬき寝入りを本当にします。なかなか可愛い↓

tanuki

猟師が発砲してびっくりして狸寝入りし、当たったと思った猟師が油断していると急に動き出して逃走するみたいなのが本来の狸寝入りの使い方なんだそうです。あと世界的にタヌキブームあるらしいです。

○ため糞

同じ場所に糞をして糞の山をつくります。狸同士が食べ物の情報交換するのが目的らしいですが、獣害になることもあるとか。

本編の続き

大台ケ原ドライブウェイの霧ロードを慎重に進み、なんとか20時ごろに駐車場につくと、200台駐車できるところに40%ぐらいは車が止まっていてびっくりしました。車を止めて駐車場を回ってみると、みんな今夜のお祭りの準備をしているようで、寝袋やテントや、飲み会?の準備をしている人がいっぱいいました。

駐車場は昼間だとこんな感じです。

oodaigahar

レジャーシートとタオルを持ってきていたので、レジャーシートに寝転がり、頭にタオルをひいて空を見上げるポーズをとりました。

ちなみにレジャーシートは1600×900サイズがおすすめです。二人で寝転がると結構距離近づくとなんとかいけるぐらいで、二人の距離もぐっと近づくでしょう(≧◇≦)

虫よけスプレーも一応持っていきましたが、たぶん全然蚊とかいなかったです。

21時に近づいたあたりで、彼女の方が「あっ」っとなりました。

流れ星がさっそく見えたようです。

僕も周辺視(今度記事にします)を意識しながらぼんやりと見ていると「あっ」

流星群ってすごいですね!人生で見た中で一番はっきりと力強い流れ星が見えました。

飛行機が急加速したような感覚です。

その後も何度か流れ星を見ることができ、素晴らしい場所とタイミングでした。

流れるたびに「あっ」「どこで見れた?自分は見れんかった?なんかちょっと安心したわ」という会話があったり、「チャーシューはどうやって食べるん?」と真っ暗なのに宴会してる人がいたり、夫婦で笑い合っていたり、みんなが同じ空を見て、楽しいムードが蔓延しているのが面白いです。

ただこの大台ケ原駐車場は寒かった!

僕はタンクトップ+半袖シャツ+長袖パーカーでしたがそれでも寒かったです”(-“”-)”

一時車の中に避難したり、駐車場にある自販機のあったかーいお茶を買ったりして、体を温めてリトライしましたが、やっぱり寒いということで、ピークの24時のちょっと前に帰りました。それでも十分流れ星も見れましたし、楽しかったと彼女も満足していました。

帰りは車をぶっとばして大台ケ原から天王寺まで2.5hでした。

次回は12月のふたご座流星群をどこで見ようかなと思いました。

それでは(^^)/

県別のデートコースまとめつくりましたので良かったらこちらもどうぞ!↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。