デートコースご紹介~その13~観音岩

こんにちは。

交野市にある交野山(こうのさん)の頂上にある観音岩のご紹介です。

アクセスがとにかく困難なので、詳しく道中記載します。

行き方

電車・・・JR津田駅から徒歩

車・・・交野北ICからすぐ。

駐車場について

これが手強いところです。付近に2か所しかなくて、1つが交野カントリークラブゴルフ場の駐車場です。ここはゴルフ場利用以外で駐車禁止なので実質1か所しかありません。それがいきものふれあいの里駐車場です。※コインパーキングも見当たらなかったです。

しかしいきものふれあいの里駐車場は16:15までしかやっていないです。この駐車場からだと徒歩20分前後で観音岩までたどり着けます。しかし僕が朝起きるのが遅くて16:15までに登って戻ってこれない感じだったので、どうしようかと調べたところ解決法見つからず。。。ダメ元でいきものふれあいの里に電話で聞いてみたところコインパーキングなどもないとの事で、倉治公園の近くの道路が比較的道が広いので、そこに路駐するしかないねと言われました。そのおじさんがめっちゃ親切だったので色々聞いてみたところ、交野山は夜登るのは地元の人だけで、遠くから来る人は明るいうちに登り終えるのが普通だそうです。しかも最近はイノシシが見られているとのことで、懐中電灯とスティックを持って行った方が良いとのこと。スティックってなんだよと思いましたが。。

道中

言われるがまま倉治公園の付近の路上に駐車し、歩いて登り始めました。

3分程で源氏ノ滝という小さな滝に到着します。

genjitaki327

出典:星のまち交野ブログ

この左手の階段を登るとお堂みたいなのがあります。この右奥の脇道を抜けて登っていきます。5分程登ると広場みたいなところに到着します。

fc2_2015-11-04_13-54-49-406

出典:交野山へ行ってみた!

広場のこのゴミ捨て場の奥を右に曲がると足場がぐんと悪くなってきて登山な感じになってきます。木の階段があったり細くて滑りやすい地面だったりがあり、その後にこんな丸太の橋が出てきます。

fc2_2015-11-04_14-05-38-190

出典:交野山へ行ってみた!

この写真で言う左から2番目だけぐらぐらします。僕の彼女もこのへんは恐々歩いていってました。さらに登ると、鉄の手すりゾーンです。

fc2_2015-11-04_15-40-07-912

出典:交野山へ行ってみた!

この辺りは滑りやすく、特に帰りは下りなので、手すりなしでは無理なぐらい滑ります。

fc2_2015-11-04_15-44-34-929

出典:交野山へ行ってみた!

溝の横を歩いて登るのですが、かなりしょぼい木の板の橋を渡ります。その先に進むと突然アスファルトの道路にでます。だいぶ山道歩いてきて急に道路になるので結構びっくりします。

fc2_2015-11-04_15-47-14-154

出典:交野山へ行ってみた!

その先に進むと、また登山道入り口がでてきます。

fc2_2015-11-04_16-34-16-170

出典:交野山へ行ってみた!

この右の看板の方に入っていきます。

ここからは傾斜がきつく階段ばっかりになってきて足がクタクタになります。この辺から彼女に冗談を言っても相手してもらえなくなりました(笑)

fc2_2015-11-04_16-54-51-126

fc2_2015-11-04_21-21-55-526

出典:交野山へ行ってみた!

木の階段を登ったり、タイルの階段を登ったりと材質を変えて飽きさせない仕組みでしょうか(恐らく絶対違うと思いますが)15分ほど登るとついに頂上です。

49dfbe00

出典:枚方つーしん

すげぇぇΣ(・□・;)

僕達が行った時はハイキングに来ていた10名ぐらいのチームがいました。

山の頂上に切り立つ巨岩の上に立つと360°の景色が広がるとても珍しい場所で解放感が半端じゃなかったです。僕が行った時は夕日がとても綺麗でした。

137102

登るまでに大分汗をかいたのですが、頂上は岩がむき出しで風にさらされてめっちゃ寒かったです。

そこから下山しましたが、下りの方が滑るので難易度が高かったです。元来た道を戻るだけですが、日も落ちてきて電灯もなくうっそうと茂っているので途中で真っ暗になり、最後の3割ぐらいは暗い道を下りました。けっこう大変なので暗い時の山に入るのはおすすめしません。無事に路上駐車してた場所に戻ってきた時には二人とも疲労していました。このコースで倉治公園から片道50分ぐらいかかっており、いきものふれあいの里の駐車場からだと途中のアスファルトの道路のところからなので20分程になり大分短縮できますので、そちらをおすすめします。

※ちなみにここは夜景も半端ないみたいですが、夜道も半端ないので超上級者(浮かれたカップルとかでなく)それなりの装備(二人とも懐中電灯・防寒・滑らない靴・動物よけの武器)を備えた人だけがいく場所だと思います。

大変な道ではありましたが、彼女にも大変喜んでもらえましたし、頂上の巨岩からの景色っていうのが大阪では綺麗とかじゃなく、ふつうに登山してやっと得られるようなレベルなのかなと感じました!是非一度早い時間に行ってみてください!!

最後に道中の位置関係図です。

%e8%a6%b3%e9%9f%b3%e5%b2%a9

それでは(^^)/

県別のデートコースまとめつくりましたので良かったらこちらもどうぞ!↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。