デートコースご紹介~その24~奈良の吊り橋

こんにちわ。

今回は奈良にある谷瀬の吊り橋(たにぜのつりばし)のご紹介です。最初に言っておくと、そこまでめちゃくちゃおすすめという場所ではありません。

道中は高速葛城IC降りてから十津川沿いに20km強の下道を通ります。途中何か所か片側交互通行があったり、離合しにくい細い道もあり少し疲れますが、誰でも行けるかなと思います。吊り橋にはすぐ近くにオフィシャルの駐車場があり、普通自動車500円で、とめられます。吊り橋自体には特に通行料はありません。

IMAG0511

こんな感じで、でっかく日本一と書いてありますが、長さが日本一だそうです。以前ご紹介した星のブランコは280mで、ここは297mともうちょっと長いです。しかしその長さのちょっとした差よりも作りの不安さが桁違いでしたΣ(・□・;)

実際に渡ってみると、床は木の板4枚で、その外側は網で下見える(笑)

b23f9_0000012106

出展:じゃらん

周囲の地形のせいか、かなり強い風が吹きこんでくることも何度もあり、その度にけっこうな揺れを感じました。真ん中以外でもどこでも揺れるので、一緒に歩いていた彼女もかなり怖がっていました。

ここは高いから怖いというより揺れて不安だから怖いという感じの吊り橋です。公式HPではそれを良いふうに表現されていて、ここをカップルで渡るとかなり強く手を握るので、アツアツになれると書いてありました(笑)長いので、やや長期戦になるのと、とにかく橋の上はめちゃくちゃ寒かったですΣ(・□・;)

橋の上からの景色はそんなに迫力があったりはしません。周囲には工事中の雰囲気や谷の幅の割にえらく細い川が流れていたりと、景色もそんなに綺麗でもありませんでした。

渡り切って向こう側に到着すると、掲示板にゆっくり散歩マップというのがあって、見てみると、橋を一望できる展望台があるとの事で、スタッフらしきおじさんに歩いてどれぐらいかかるか聞くと、徒歩片道30分だけど、車で周ってこれるからそっちの方が楽だよと教えてくれました。

吊り橋は渡らなくても向こう側にいけるのかΣ(・□・;)

寒かったし暗くなると嫌だったので、そのまま吊り橋を戻り、車を取って教えられた通りの道を行くと本当に向こう側まで周れたので、そのまま登っていき、展望台手前の階段の前に駐車してそこからは歩きで登っていきます。

2977995

出展:YAMAP

228段の階段を登ると書いてあるのですが、ここで一つ注意です。階段は登ってもそこですぐゴールではなく、その後、少し階段を下りていってやっと展望台です。写真のところからでも5分はかかり、ちょっとしんどいです。

そしてたどり着いた展望台の写真がこちら

IMAG0513

どうだろうな(;´Д`)確かに一望できるけど、さっきも書いたとおり、川細すぎだし、綺麗でもないかな・・・

山に花が咲いている季節だと綺麗なのかもしれません。ちなみにライトアップがされると謡っていますが、その画像がこちら

tanise_light_up

出展:公式HP

キラキラエフェクトはおかしいやろ(笑)そして、ライトアップというより渡るための電気じゃないかな・・・

という感じで、個人的には綺麗だったり迫力だったりというより、渡り切った達成感というのを目的に来られるのが良いのではないかと思いました!

それでは(^^)/

県別のデートコースまとめつくりましたので良かったらこちらもどうぞ!↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。